現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2008年5月9日金曜日

鉄道データ(国土数値情報)インポート


国土数値情報の鉄道データのインポートをOSMのwikiに記載されている方法で行った。
「鉄道データxmlをshapeファイルに変換し、osmファイルへ変換する方法」と「鉄道データxmlからosmファイルへ直接変換する方法」が説明されている。いずれもTatataさん作成のperlスクリプトを使用する方法で、今回は前者のshape経由での変換を行った。
  1. 国土数値情報(鉄道データ)をダウンロードし、zipファイルを解凍してxmlファイルにする。

  2. 国土数値情報データ変換ツールKsjToolを使ってxmlファイルをshapeファイルに変換する。

  3. perlスクリプトをエディタで開き鉄道事業者名と鉄道路線名を書き込んで保存する。

  4. shapeファイルを置いたディレクトリでスクリプトを実行する。

  5. osmファイルとlogファイルが同じディレクトリに作成される。

  6. JOSMでデータの確認を行いosmファイルをアップロードする。
  7. wikiページのList of railway lines の表にインポート作業済みのコメントを入れる。

この作業の前に準備が必要なものは、

  • JOSM

  • KsjTool

  • ActivePerl

  • Geo-ShapeFileパッケージの導入

「Geo-ShapeFileパッケージの導入」は、wikiの説明にもあるようにWindows版ActivePerlを使用しているので、Perl Package Managerを利用して導入した。View all packagesボタンを押して表示されたリストの中からGeo-ShapeFileを選択、(Action)Installでマークした後、(File)Run marked actionsでインストール実行した。