現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2008年7月31日木曜日

鉄道データ(国土数値情報)インポート

鉄道データのインポート作業状況は「List of railway lines 」を参照して下さい。
三岐鉄道・三岐線・北勢線・近鉄連絡線、名古屋臨海高速鉄道、
名古屋鉄道・蒲郡線・西尾線・豊川線・豊田線・貴志川線
島原鉄道、南海鉄道本線・高野線

2008年7月13日日曜日

7/13/08 SOTM2008-Ireland・・・閉会

13日午後5時、SOTM2008終了。三浦さんはワインのプレゼントを受けました。閉会後はBeer片手に涼しい野外でOSM談議。

7/13/08 SOTM2008-Ireland・・・13日午後

・Ivan Sanchez Ortega - The State of Spain Take Two
・Mike Collinson - The Philippines - OSM at work in Asia
・Torsten Rahn - Marble - a Free Software Virtual Globe for People
・Graham Asher - Rendering OSM data on Mobile Devices
・Nick Whitelegg - Never get lost: in the field navigational tools and virtual worlds for outdoor users
・Mikel Maron - Freemap India 2008

7/13/08 SOTM2008 Lightning Talks・・・13日午後

1.Taichi Take Nakamura would like to give a presentation of his Natural Environmental Design Studio activities, which just started in this April. Actually, our deputy is Mr.Miura.(Thanks Mr.Miura!!)Hiroshi Miura
2. Taichi would like to give a presentation of his Logmate Report, which just got some information about newest Handy-GPS devices in Taiwan and Japan. Actually, our deputy is Mr.Miura.(Thanks Mr.Miura!!)Hiroshi Miura
3. Mark Iliffe Modelling for 'sensible' routing
4. User:TomH, User:Firefishy Server Bells and Whistles.
5. User:Steve The State of the USA
6. Merio would like to give a demonstration of his GSoC project, Osmarender Frontend, mentored by Frederik Ramm. By that time it'll be at an already usable state.

7/13/08 SOTM2008-Ireland・・・13日昼休み

昼休み、午前中講演されたJochen Topfさんに緊張しつつ話しかけ、
自作したOSM日本語パフレットを見ていただきました。
ドイツ語のOSMフライヤーをお土産にいただけました。
日本から持参したOpenStreetMapの本に著者であるFrederik RammさんとJochen Topfさんからサインもいただけました。

7/13/08 SOTM2008-Ireland・・・13日午前

明けて13日、カンファレンス2日目が10時からスタート。・基調講演 Steve Coast
・Ed Parsons - Map Maker what it is / is not .. continued
・Sean Gorman (FortiusOne) - Federating Open Geodata ? Can We Connect the Dots
・Andy Allan - The OpenStreetMap Cycle Map
・Jochen Topf - The State of Germany
・Ben Clayton - Pervasive Computing with OSM (Including a live outdoors demo)

12:30 - 13:45 Lunch
コンセントはBFタイプだったのですが、単純に日本型に変化せず三浦さんが持ってきた万国タイプのプラグを付けることで(BF→日本→万国)、他の国の方とも電源をシェアできました。

2008年7月12日土曜日

7/12/08 SOTM2008・・・バーべキューパーティ

初日の講演は午後5時ごろ終了。ホテルの周りを散歩した後、予定されたバーべキューパーティまで時間があるので、Beer片手に野外で情報交換。(寒かった。)
三浦さんは勝負服kimonoに衣装チェンジ。バーべキュー会場へ移動、食事は屋内のダンスホールで済ませ、Beer片手にJochen Topfさん、Mike Collinsonさん達のテーブルに割り込む。
どこの国のOSMを見て勉強したらよいですかの質問には
1.イギリス 2.ドイツ 3.オランダ の回答いただきました。

7/12/08 SOTM2008-Ireland・・・12日午後

・Bojan Sobocan (AND) - Title TBC
・Jani Patokallio - Printed Wikitravel guidebooks and OpenStreetMap
・Alexander Zipf - OpenRouteService.org
・Renaud Martinet - The State of France
・Mike Collinson - The OpenStreetMap Foundation. What it is and what it is not.
・John Abbot - Day in the Life of Ordnance Survey
・Henk Hoff - The State of the Netherlands (You’re never done)
・Frederik Ramm - Threat Analysis, Things That Could Spoil Our Party

7/12/08 SOTM2008 Lightning Talks・・・12日午後

昼食(12:30~13:45)後、Lightning Talks。
トップは三浦さん「The State of OpenStreetMap Japan」 1.Hiroshi Miura would like to give a presentation of his OSM Japan activities, which just started in this March and have first mapping weekend in May.
2. Ivansanchez will introduce Claudia, who will speak a bit about The State of Bolivia.
3. Smsm1 would like to give a short talk about the progress in the London Mapping Marathon.
4. Tim Waters would like to give brief introduction to new opensource map rectifier, designed for OSM. http://wrp.geothings.net
5. Henk the State of North Korea
6. Ojw on Tile data
7. Richard on The State of the Map in Canada

7/12/08 SOTM2008-Ireland・・・12日午前

12日のテーマは「OSM in the real world」
・Robert Barr - The Megagalactic super visible street sign company
・Steve Chilton - So I have all this data…
・Gareth Eason & Christian van den Bosch - The State of Ireland
・John McKerrell (Multimap), Using Crowd Sourced Data in a Commercial Mapping API
・Simone Cortesi - The State of Italy
・Ed Freyfogle (Nestoria) - Commercial Viability of OpenStreetMap
・Dair Grant - OpenStreetMap v the World
・Peter Miller (ITO) - All Present and Correct!

SOTM2008 Schedules

7/12/08 SOTM2008初日の朝


深夜、ホテルにチェックインして迎えた翌朝、外は薄曇り、庭には野うさぎが跳ねていました。ホテル内のU2やABBAの曲が流れるレストランで朝食。Registration開始は8:30、参加申し込み、参加費送金は問題なかったかドキドキしながら列に並びます・・・ありました私の名前。ネームプレートと記念Tシャツを受け取って会場入りしました。最前列に陣取り、電源確保、講演の開始を待ちます。
9:30 Robert Barrさんの基調講演「The Megagalactic super visible street sign company」が始まりました。期待の2日間の始まりです。

2008年7月11日金曜日

7/11/08 SOTM2008へ出発


7月11日三浦さんと成田からLondon Heathrow Airportへ向けて出発。飛行時間は12時間半。
HeathrowからはバスでLondon Stansted Airportへ移動、途中ロンドン郊外で経度0度を通過することに気がつきウェイポイントとシャッターチャンスを狙いました。・・・E000度00'00,3''が最も近い値でした。
Stansted AirportからはRYANAIRでアイルランドShannon Airportへ向かいました。空港からは他のSOTM参加メンバーと一緒にタクシーで会場宿泊先となるKilmurry Lodge Hotelへ移動。

State of the Map 2008


The second international OpenStreetMap conference - Limerick, Ireland 12-13 July 2008

sotm2008速報1

移動日と初日の朝、速報です。

2008年7月2日水曜日

OpenStreetMap : Die freie Weltkarte nutzen und mitgestaltenプライベート和訳完成!


OpenStreetMap : Die freie Weltkarte nutzen und mitgestalten(ドイツ語)を購入して辞書相手ではさっぱり前に進めないので、翻訳ソフトを駆使して全ページプライベート用和訳完成!?(正味2日間作業、達成感有り。)
本来の文章の意味としての正解率は、平均すると10%程度でしょう。
それでも内容が伝わってくるところで良しとします。
前半はいい感じの部分が見られますが後半レンダリング、プログラムのページでは怪しさ倍増です。
それでもステップとしては価値ある作業でした。お疲れ様でした。