現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年11月28日土曜日

GPS利用解説本 "林業GPS徹底活用術"

GPS利用解説本 "「林業GPS徹底活用術」 全国林業改良普及協会" 読みました。ハンディGPSがメインの興味深い内容でした。マッピングのヒントもたくさんあってOSMマッパーには大変参考になると思います。私も含め、ハンディGPS扱うノウハウはなんとなく自己流で理解されている方が多い中、衛星電波の悪条件下でハンディGPSとどう付き合うかよくまとめられています。
ハンディGPSを使う4つの鉄則とは・・・。

GPS操作だけに特化した"OpenStreetMap GPS徹底活用術"ならどなた様か書けそうだと思います。OSMの宣伝も兼ねて。

2009年11月24日火曜日

Openstreetmap: Using and Enhancing the Free Map of the World OSM英語版解説本

Openstreetmap: Using and Enhancing the Free Map of the World
OpenStreetMap解説本の英語版が出版されます。いままでフレデリックさんとヨッヘンさんが書いたドイツ語のOSM解説本はありましたが、今回英語版が出ます。OSM-talkでもときどき話題になっていましたが期待しています。ドイツ語第2版よりページ数50ページ多いです。(アマゾンの日本サイトでも購入予約できます。)

英語版OSM解説本
ドイツ語解説本第1版、第2版

2009年11月8日日曜日

東京マッピングパーティ( 東京大学駒場第1キャンパス)参加しました。

FOSS4G 2009 Tokyo(フォスフォージー2009東京)のプレイベントとして開催された東京マッピングパーティ( 東京大学駒場第1キャンパス)に10月31日参加しました。


Mappingビフォーアフター

OSC2009 Tokyo/Fallに出展しました。

2009年10月30日(金)・31日(土)に東京・蒲田の日本工学院専門学校で開催されたオープンソースカンファレンス2009 Tokyo/Fallに出展しました。参加されたOSMメンバーの皆さんお疲れ様でした。いつもながらコミュニケーションは良い勉強になります。