現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2014年1月26日日曜日

会津若松市でODC Mapping Party!

会津若松市でODCマッピングパーティー(第5回オープンデータカフェ会津)が開催されました。積雪は少なく、冬の会津若松で街歩きマッピッグができました。はじめてOSM編集される方が多かったですが、それぞれマッピング、編集作業を楽しむことができました。
市内OSMの道路建物は既に多くが書き込まれているため、GPSはほとんど使用せず、プリントした地図を持って、メモ書き、写真撮り、POIチェック中心のマッピングでした。
まず、エリアを決めて3チームに分かれ、1時間マッピング。室内に戻って編集作業1時間半、その後はチーム毎にマッピング成果の発表をしました。やはり気になるPOIには飲み屋が登場、街中の駐車場も注目のPOI(日頃、駐車場探しに手間がかかる)でした。楽しい時間ありがとうございました。今後も会津若松市内のPOIが増えていくことを期待します。

0 件のコメント: