現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2015年6月9日火曜日

SotM US 2015 New York City

6月6日~8日、ニューヨークで開催されたOSMカンファレンス State of the Map US 2015に参加してきました。 http://stateofthemap.us/
今年は全体のOSM年次国際会議SotMは開催されず、世界各地でローカルなSotMが開催されています。それでもSotM US 2015にはUS国内はもとより41ヶ国海外参加者を含め、834名の参加がありました。USコミュニティの勢いとビジネス利用が進むUS、更には会場が国連本部ということもあってかOSMカンファレンスとしては過去最高、空前の参加者数となりました。
カンファレンスの数的な詳細はこちらに書かれています。
http://openstreetmap.us/2015/06/sotmus-by-the-numbers/
企業スポンサーも多く、16ヶ国から28名の参加費用援助の招待参加がありました。カンファレンス自体、女性参加者が多かったです。非常に多面的で、スピード感ある印象をもったカンファレスでした。
(プログラム) http://stateofthemap.us/program/ 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

0 件のコメント: