現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2008年6月23日月曜日

行政区域データ(国土数値情報)インポート

行政区域データ(国土数値情報)インポートを始めます。
まずは福島県からスタートしますが、初回から福島県大きいので大変そう。
行政区域データインポートの作業状況はこちらを参照してください。
この行政区域データインポートのページを使って作業開始の宣言を
するよう提案されています。
「行政界のアップロードと市区町村の編集には時間が掛かる為、
各データファイルの作業に取り掛かる前にこちらで作業開始の宣言を
行って下さい。」

(ちょっと作業して気づいたこと)
・県単位で作業を進める。
・大きなxmlファイルが1つとシェイプファイルセット1つが基データ。
・plファイルは「変数の値」と「対象になるxmlファイル名」を
 任意に変更しなければならない。ファイル名は2箇所変更した。
・スクリプト実行するとosmファイルがたくさんできる。
 osmファイル名で見るとinner、outer、placeで区別できる。
・作成されるosmはサイズが大きいのでアップロード時間に注意する。

tatataさんが関東側の行政区域データをアップロード済なので
隣福島のアップは少し不安。県境失敗しそう?
県境界の海側はJOSMで削除するように勧められていますが
精度も含めて海岸線に転用できないか試したいので
そもまま海側も残したままアップロードしてみます。

0 件のコメント: