現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年3月24日火曜日

Sponsoring State of the Map 2009 (nestoria : blog)

英国の不動産検索サイトNestoriaが7月に開催されるSOTM2009のスポンサーになりました。Nestoriaのblogにコメントが載っていました。
・・・OpenStreetMap is at the cutting edge of cartography.なんて言われてます。今年から行われるSOTM2009初日の商業用途に焦点を絞った会議に興味を持っているようです。
Nestoriaはgoogle mapと平行してopenstreetmapを検索サイトにテスト使用してきました。

画面右下のLocal InformationはOSMのタグ属性使っているのでしょうか?
検索画面の地図背景として表示されているだけような感じがします。
  

0 件のコメント: