現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年6月8日月曜日

地理空間情報活用推進に関する実態調査報告書

地理空間情報活用推進に関する実態調査報告書(地方公共団体における地理空間情報活用の調査)

国土地理院より"都道府県及び市区町村の公共測量統括部署"を調査対象とした調査結果が公表されました。
地理空間情報活用推進に関する実態調査報告書(PDF)
http://www.gsi.go.jp/common/000047894.pdf

最新の調査結果で多くのことが読み取れます。知的財産権の項や無償公開についての意見などなど、どうぞご覧下さい。

0 件のコメント: