現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年6月8日月曜日

Walking Papers

Walking Papers
http://walking-papers.org
マッピング用の地図として、OSM地図の選択した場所をズーム率を指定してPDF(A4)が作成できます。

2 件のコメント:

dkastl さんのコメント...

Cool ... I immediately had to post this to my co-workers. Now there is no reason anymore to say: "I can't help because I don't have a GPS device." ;-)

So often I see students with their teachers walking around their school with maps. OSM would suit perfectly for teaching. And I believe it would be very motivating for school children.
How would it be possible to get OSM be part of the school education? Writing a workshop/tutorial for school kids? A guide book for teachers? ... if I would be a teacher I would immediately do this. Any teachers active in OSM Japan?

ikiya さんのコメント...

学習活動としてのMappingのお話はよく聞きます。また子供を対象としたMapppingも同様です。先日はCLOUD MADEでも"Mapping with the kids"という話題が出てました。
私も子供とMappingしていますが、それとは別に小中学校の先生方に何度か説明は行っています。トップダウンは難しそうなので各先生の裁量の範囲でMappingの授業ができればいいなと思っています。
dkastlさんが言われる学校での街地図作成の件ですが、私も最初はOSMはぴったりと思いましたが、違う観点から見ると生徒にとってはGPS使わない手作り地図のほうがいいのかなと思えることもあります。
とはいっても自由な地図、グローバルな貢献、衛星・・・さまざまな楽しさ、興味を持たせてくれるOSMを学習活動に活用してもらえるよう活動していきます。私はとりあえず福島で。学校でのMappingが決まりましたらOSM Japanの皆様にもご協力お願いするかもしれません、その際はよろしくお願いいします。