現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年7月15日水曜日

紙と鉛筆のマッピング Walking Papers

SOTMでの"Walking Papers"の評価は高いものでした。GPS無しでのOSMマッピングがシステムとして確立されています。
1.(プリント)
マッピング範囲を指定してWalking PaperをA4プリント。
2.(マッピング・情報書き込み)
プリントしたWalking Paperを持って野外マッピング、情報を書き込む。
3.(スキャン)
情報を書き込んだWalking Paperをスキャン。
4.(アップロード)
スキャンデータをアップロード
5.(オーバーレイ編集)
Potlatch上に書き込み有りのWalking Paperがオーバーレイされ、編集が可能となります。
私も以前、「・・学校での街地図作成の件ですが、私も最初はOSMはぴったりと思いましたが、違う観点から見ると生徒にとってはGPS使わない手作り地図のほうがいいのかなと思えることもあります。・・」と書きましたが、すでに向こうではそれが形になっていました。

0 件のコメント: