現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年10月15日木曜日

"はかないマッピング" It’s ephemeral mapping.

"Temporary Mapping – Solar Decathlon"
今週、アメリカで"Solar Decathlon"というコンテストが開催されています。20の学生グループが太陽エネルギーを利用したエネルギー効率の良い家を建てる技術を競うコンテストのようです。Andrewさんはこのコンテストで建てられた家々をマッピングして、即座に来場者へのインフォメーションとしてGPSやiphoneでの利用を可能とすることができました。
"It’s ephemeral mapping – objects that exist in real place, but just for small slices of time. Important as any other building, yet typically relegated to flyers or verbal descriptions.
The fascinating part of projects like this is that OpenStreetMap allowed me to create a map that was useful and immediate. Within minutes of uploading the data, it was available as rendered tiles, vector data, and downloadable to GPS units and iPhones. People on the mall could immediately view the local map with this new information."

素晴らしい!"はかないマッピング"好きです。コンテストが終われば消えますが、ベクトルデータとして残すこともできますし、コンテスト中の注目度は高いことでしょう。ただ、個人的にイベントマッピングには"Zoom level=19"が欲しいところです。子供の運動会や文化祭でマッピングしましたがZoom level=18では表現するにエリアが狭いのです。スポーツ大会だと本部、観覧席、選手待機所、ゴールなどの位置図です。そんなに大きくはいりません。Zoom level=18のもう少し上で十分だと思います。
この学校のグランドに地区運動会のレイアウトが書ければ最高です。
http://www.openstreetmap.org/?lat=37.722984&lon=140.436868&zoom=18&layers=B000FTF

0 件のコメント: