現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年12月18日金曜日

[OSM-talk] Contribution graph

[OSM-talk] Contribution graph
http://lists.openstreetmap.org/pipermail/talk/2009-December/045983.html
"It reveals that 95% of the way data is contributed by just 10% of the contributor base. In fact 50% of way data has been contributed by just 31 user accounts although the first few of these are major imports, such as TIGER (32%), AND (2%) and Coastlines."

単純に"way"としてひとくくりでデータ量としてパーセント化されればこうなりますが、別な視点で世界中では様々な"way"や"マッピング作業"があるわけでその「質的な貢献度の解析」も必要と考えます。

0 件のコメント: