現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2008年12月16日火曜日

ロングテールの地図 OpenStreetMap

Google Mapについては田舎の町村の場合、ほとんど大縮尺では地図がマンガです(地元で見た限り。)使えても縮尺5,000分の1程度のように思います。
秋ぐらいから感じたのですが田舎の町をマッピングで回った際、比較にGmapを見て寂しい思いをしていました。道路は国道県道のみ、駅前メインストリートもなく、生活道路は皆無、大きなショッピングセンター、ホームセンター、役所、大旅館があってもすべてポイントで入力される程度。
Gmapでは田舎の大縮尺は全く無関心のようで、ロングテールの需要にこたえる内容は無く、ローカル地図としては体をなしていません。
国内全域トータルで地図としての評価がされれば整備率からみてGoogle Mapが圧倒的に有利ですが、田舎の町村に限って言えば半日?1日?程度のマッピングでOSMのほうが圧倒的に良いローカル地図を提供できると思います。「Long Tail地図の集合 = OSM 」とも言えると思います。

0 件のコメント: