現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年2月3日火曜日

基盤地図情報10mメッシュ(標高)データ全国提供開始、5mメッシュ(標高)も一部地区提供開始。

国土地理院による数値標高モデル10mメッシュ(標高)の全国整備が完了して、2月1日から基盤地図情報10mメッシュ(標高)データの提供が開始されました。5mメッシュ(標高)データも一部地区提供開始されました。
現時点ではOSMに直接関連なさそうですが、私にとってはインパクトありました。50mメッシュ(標高)データとは比べるまでもないですが、5mメッシュ(標高)データにおいては故郷の山々が容易にジオラマ化できてしまいます。それも無償でデータが入手できるとは素晴らしい!

(国土地理院 基盤地図情報5mメッシュ(標高)データを基に段彩図化)

0 件のコメント: