現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年2月15日日曜日

空中写真

春からの会津米沢OSMマッピング訪問について下調べ中。
阿賀川脇の神指城(こうざしじょう)跡を調べていると、様々な空中写真がありました。
国土変遷アーカイブ 空中写真の1947年米軍撮影写真は城跡、土地利用跡がしっかり読み取れます。でも利用は「閲覧のみ限る」とういう制限有り・・・。
公的機関が撮影、保有する写真は広く国民に公開してほしいなと思います。

米国国立公文書館もwebで見てみましたが、WWⅡの公開写真(空中写真ではなく一般の公開写真)はモニタで見ても衝撃的で、貴重だと感じました。機会があればご覧下さい。

0 件のコメント: