現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年4月20日月曜日

無事アップ作業終了、そしてOSM再開することを望みます。

API 6.0へのアップグレード作業終了は20日月曜日を目標としています。
先程、twitterに終了が遅れるとのコメントがありました。
#OpenStreetMap (#OSM) API migration progressing well, expect to return to full operation Monday late evening UTC. http://tinyurl.com/czxq9k
http://twitter.com/openstreetmap

作業状況、ステータスはopenstreetmap wikiのトップページで確認できます。
http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Main_Page

OSMがRead Onlyになって数日経ちましたが、私も含めデータが溜まっています。11万ユーザーのデータUP、編集の集中はかなりのものだと予想されます。更に新API、新サイト画面、新エディタにアクセスが急増するのは必至です。

無事作業終了、そしてOSM再開することを望みます。

0 件のコメント: