現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2010年1月28日木曜日

OpenStreetMap response to Haiti Quake 記録メモ2

・・・・HaitiMap作成の個人的な記録メモ 2 ・・・・

* 1/14(Thu) 17:00
・ GeofabrikからハイチOSM地図データ(OSMとshp)の配信が始まる。
地図トレースに注目していたこの時点でデータ配信がスタートした速さとコンセプトに感服。
まして5分間隔での配信。マッパーが編集し続ける地図データをほぼリアルタイム、新鮮な情報として供給するフローがすぐ実践されたのにも感心。
* 1/14(Thu) 18:06
・TW>
OSM data (.osm.bz2 and shapefiles) for Haiti, updated every 5 minutes: http://labs.geofabrik.de/haiti/ (via @geofabrik) 次はハイチOSM配信!Fさん速い!
* 1/14(Thu) 18:34
・TW>
ハイチOSM止まらない、日本からカリ ブを真剣に書くなんて思いもよらなかった。次はPOI、何処から得る?
・ 衛星写真(震災前)トレースよりもold CIA mapスキャンデータのトレース、POI入力が目立ってくる。地方の町などで局所的に詳細なトレースが見られるようになる。
* 1/14(Thu) 21:56
・TW>ALOSによる災害観測
http://bit.ly/91wezL ....>"取得された画像は、国際災害 チャータを通じて関係機関へ提供されました。"どこでしょう?
・ JAXA/ALOSが緊急観測したことをTWで知る。よく読むと画像は関係機関へ提供されたとのコメントあり。>どこだ?と思った。>写真欲しい。
・Haitiの新しい情報、高解像度・震災後の衛星写真に飢えている状態。
* 1/14(Thu) 22:01
・TW>HaitiのPublic domain mapが @tim_waters さんの"Map Warper" http://maps.nypl.org/relief/maps に集まっています。ハイチOSMトレースに活用ください。POIネタです。
ハイチの古い地図(パブリックドメイン)のスキャンデータがMap Warperサイトに数多くUPされてきた。
* 1/14(Thu) 22:16
・TW>RT @osbornec: new cloudsourced blog » Haiti Earthquake Response – Mapping The Crisis http://bit.ly/86Pvno 同感。...essential for OSM.
・この時点でのOSMを含めたハイチ地図貢献の活動状況をosbornecさんがまとめてコメントをブログに書いています。Historical maps on Map Warperでのマッピングについても触れています。このころから震災後の衛星写真が出始まる。(ここではGeoEye)よりいっそうOSMに詳細かつ新鮮な情報が欲しいと思う。
* 1/14(Thu) 22:18
・TW>ALOSの実力見せて。
* 1/14(Thu) 22:21
・TW>JAXAに聞こう。
JAXA/ALOSの写真使わせてもらえないか漠然と考える。

* 1/14(Thu) 23:03
・TW>ハイチ地震、UNOCHA国連事務所? からのマッピング要件 "どんな自然発生的なキャンプも書いて欲しい" http://bit.ly/7hATMO
・MLで現地からのマッピングに関する要望があることを知る。

*1/14(Thu)23:05
TW>@earthoutreach Google geo team working to get Google Earth portable for use on the ground in Haiti. All being well, will arrive tomorrow #haiti

* 1/15(Fri) 00:52
・TW>タイムラグ1〜2日で追撃開始。ステー ジから降ろされるかな。次回からは体制が作られそうな気がします。
* 1/15(Fri) 00:55
・TW>どのくらいのスピードで、誰が来る。取 り込まれたりして

* 1/15(Fri) 01:44
still waiting for clarification on use of GeoEye and DigitalGlobe imagery for Haiti OSM.
* 1/15(Fri) 02:04
・TW>RT @mikel: still waiting for clarification on use of GeoEye and DigitalGlobe imagery for Haiti OSM. |何とぞ、宜しくお願いします。
・GeoEyeとDigitalGlobeの衛星写真(震災後)についてOSMへの利用を可能にしようとしていることを知る。

* 1/15(Fri) 02:15
・TW>RT @mikel: UNOSAT says OSM is free to use any of their vector products, once posted
* 1/15(Fri) 02:23
・TW>週末、CrisisCampが山。
・週末CrisisCampの開催があることを知る。知った当初はCrisisMapper動員で、しっかりした地図データが作られるだろうと思った。しかし、現状を見ると"週末"は遅すぎると感じた。被災後のすばやいレスポンスが重要であり、即座にマッピング可能となる体制が必要だと思った。OSMはすでに詳細かつ新しい衛星写真やデータのないこの時点で、首都付近の道路をかなりの量マッピングしていた。

* 1/15(Fri) 02:53
・TW> @mikel OSM has permission to use GeoEye. We need tiles. Details at http://wiki.openstreetmap.org/wiki/WikiProject_Haiti#GeoEye

* 1/15(Fri) 05:19

・TW>@avarab I just added the Haiti GeoEye imagery to Potlatch. Help Haiti with better maps at http://openstreetmap.org #osm #potlatch #haiti
・ OSMエディタPotlatchに地震後のGeoEye衛星写真レイヤが追加される。

* 1/15(Fri) 07:43
・TW> @mikel Just confirmed: DigitalGlobe imagery can be used for OSM tracing. Just need source tag, and a note in wiki. Thx DG!

地震後の高解像度衛星写真がOSMで使用できるようになったことは翌1/15の朝知った。


つづく

2 件のコメント:

Daniel さんのコメント...

This is very good article of crschmidt about the work behind the Haiti Crisis Map: http://crschmidt.net/blog/archives/400/haiti-crisis-map-effort/

ikiya さんのコメント...

日本語ですみません。
Danielさん、興味深い記事紹介ありがとうございます。
当然ですが、知らないことがいっぱいです。
大小にかかわらず、表には出ないさまざまな試行錯誤、試みがあったことが想像出来ます。
世界中でさまざまなThe work behind the Haiti Crisis Mapが行われたと思います。まだ、震災は続いていますが、この貴重な、多くのグループ、個人がかかわったHaiti Crisis Mapへの貢献について記録を残すとともに解析、評価が必要だと思います。