現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2010年12月12日日曜日

斜景のBing建物写真とGPSログ

先にBing建物入力対策として <斜景の建物写真から建物を描く>を書きましたが、実際に建物のGPSログと重ねられた場所があったので紹介します。建物の周りを歩いてGPSログを取っています。角に見える青数字はwaypointです。建物中央上のwaypoint_089とその両脇、北西、北東の建物ログが建物の影になっています。この場合、写真どおりの位置でビル屋上の形をなぞるとログとずれてしまいます。つまり本来の位置ではない可能性が高くなります。このビルを書くのであればGPSログと周りの道路幅、写真の斜め具合を参考になぞる必要があります。写真が斜めで撮影されていること、ビル南西壁付近のログが写真と一致していることからこのビルに関してはGPSログを基本に書くことを薦めます。
この建物は数年前にGPSログだけで書いていますが、写真との整合はとれているように見えます。

0 件のコメント: