現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2010年12月10日金曜日

Bing航空写真から建物buildingを入力する。

12月1日からOpenStreetMapではBing航空写真のトレース利用が可能になりました。Potlatch 2ではもちろん、JOSMではslippymapプラグインもしくは、Imageryプラグインを使うことでBing航空写真を利用したトレースが可能です。

建物入力をしていて気がついたことを2点まとめました。

Bing建物入力対策 その1.<斜景の建物写真から建物を描く>
建物が真上からでなく斜めに写っている場合があります。その場合、建物屋根、屋上部分をそのままなぞるのではなく周りの道路位置、道路輪郭線、GPSログから建物の位置を読み取って描きます。
Bing建物入力対策その2.<建物ひさし部分の描き方>
軒先、ひさし状の部分を除いて建物の輪郭(赤点線)を描きます。商店、トラックの荷卸場、ひさしのある建物など。

0 件のコメント: