現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2013年9月6日金曜日

SotM2013 Birmingham その3

9月6日~8日の3日間 イギリスのバーミンガムでOpenStreetMap国際会議 State of the Map 2013が開催され、参加してきました。

バーミンガム、日中は暑いのですが朝晩は雨がぱらつき、気温10度と寒かったです。会場はアストン大学構内で、講演は大中の2会場で同時進行でした。参加者は約260名以上かと思います。日本人は8名で、参加者の半数以上が開催国イギリスからの参加でした。

0 件のコメント: