現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2013年9月6日金曜日

SotM2013 Birmingham その4 SotM2013初日

講演会場はAston University Business School Conference Centre。OSM生みの親、スティーブ・コースト氏はバーミンガムに来られず、基調講演はスカイプ講演。
(コーストさんの不参加はStoM初)
 
 初日、講演聞きたかった(お会いしたかった)おひとりはTobias Knerr(ネアー)さん
"OSM2World - 3D Rendering for OpenStreetMap"カンファレンス中に話しかけたら丁寧に受け答えしていただけました。感謝。

今回のカンファレンスパンフレットは使いやすく好感が持てました。ipad miniサイズでコンパクトかつ見やすいし、紙質もよく、表紙には講演会場、パーティー会場の地図が印刷されていました。 リング綴じの製本も使いやすく、コストや印刷スケジュール(ぎりぎりまで差し替え可能)の点から的をえているかと思いました。
 
 

0 件のコメント: