現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年8月21日金曜日

Egyptからの贈り物

SOTM2009ではlightning talkに挑みました。発表当日、他の方のlightning talkを順番待ちでドキドキしながら拝見しているとガーン、"State of Egypt "のタイトルと同時にAbu Simbel神殿のドアップが大スクリーンに。私は会津鶴ヶ城Tsuruga-jo・・・かなわないかぁ。ショックを受けつつランチタイム、会場内のレストランで席を探していると"State of Egypt "の発表を終えたAbdelrahman Hassan さんが目の前に、遠慮せず同席、つたない英語でぼそりぼそりとお話していただけました。別れ際、大胆にも「午後、私も発表するのでよかったら聞いてね。」みたいなことを言って席を立ちました。
日本に戻ってAbdelrahman Hassan さんからガラスのピラミッドが息子たちへ送られてきました。感謝いたします。
お礼にはやっぱり"ガラスの会津鶴ヶ城"です!
Abdelrahman Hassanさんは今回エジプトから、"The State of the Map scholarships"の招待メンバーとしてSOTMへ参加していました。
"State of the Map scholarships, looking back"

0 件のコメント: