現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年8月11日火曜日

GarminGPS用OSM地図・・Cloudmade公開データ更新

CloudmadeサイトでOSMの様々なベクトルデータがダウンロードできますが、8月5日に公開データが更新されていました。OSMサイトから直接データダウンロードする方法もありますが国別で整理され、データ形式も変換済なので使いやすいと思います。GarminGPS用OSM地図データ(.img)も含まれています。
Japanデータはには以下のものがあります。
* japan.img.zip (9.4M)
* japan.navit.bin.zip (25M)
* japan.osm.administrative.bz2 (24M)
* japan.osm.bz2 (61M)
* japan.osm.coastline.bz2 (7.6M)
* japan.osm.highway.bz2 (17.1M)
* japan.poi.gpx.zip (406.7K)
* japan.poi.tomtom.zip (189.6K)
* japan.poly (89.2K)
* japan.shapefiles.zip (32.9M)
GarminGPS用OSM地図データの使用法は
"Ja:OSM Map On Garmin (解説wiki)"
http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Ja:OSM_Map_On_Garmin
を参考にしてください。私の60csxの場合はメモリーカードにgarminと言う名前のフォルダを作ってgmapsupp.imgファイルをコピーすると使用できます。(あらかじめ他の地図がインストール済の方は前の地図を消さないように注意して下さい。)

0 件のコメント: