現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2011年7月14日木曜日

State Of The Map Europe 2011 (SotM-EU 2011)

オーストリアのウィーンで7月14日~16日開催されたOpenStreetMap国際会議
State Of The Map Europe 2011 (SotM-EU 2011)に参加してきました。
http://wiki.openstreetmap.org/wiki/State_Of_The_Map_Europe_2011
会場はウィーン工科大学(TU Wien)でした。
ヨーロッパをメインに25ヶ国、206名の参加者がありました。
(国別参加者 http://sotm-eu.org/attendees?order=country
地元オーストリア、ドイツからの参加者が多かったです。
講演内容は1.Map 2.Powered by osm 3.Research 4.Techの
5部門に分かれていて、私は1,2のテーマをメインで聞いていました。
すでにスライドとビデオは公開されていますので
興味ある方はご覧ください。

SotM EUのトピックは続く。。。

0 件のコメント: