現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2011年7月16日土曜日

SotM-EU 2011 Saturday Lightning Talks

午後ライトニングトークに臨む。
欧州コミュニティに日本人参加、webやアプリケーション、技術的な発表が多い中でのマッピングトークとアウェイ感一杯の中、つたない英語で5分間お話しました。
http://www.flickr.com/photos/smsm1/5962317974/
 
http://www.flickr.com/photos/smsm1/5962318500/
http://www.flickr.com/photos/smsm1/5962319848/

終わると進行役の師匠には内容ではなく5分間ドンぴしゃだねと褒められ(さすが日本人?)、緊張したまま降壇。自分の席に戻ると後席の方が"良かったよ"と一言。感謝。
私は次の方のLT発表を聴くことなくそのまま退室、これは決めていたこと。発表中泣かなかったことがなによりでした。これが一番。

後記 :日本に戻ってOSCで同じトークしたらボロ泣きしてしまいました。すみません。

0 件のコメント: