現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2011年7月15日金曜日

SOTM EU初日OSM英語解説本のサインをいただきました。

SotM EU初日、持参したOSM英語解説本の著者にサインいただきに会場をぐるぐる。
毎年サインをもらいに来るので、また来たねとフレデリックさんとヨッヘンさんは苦笑い。チルトンさんは初めてなので丁寧にご挨拶いただけました。毎年、初日サインもらいがカンファレンスに溶け込むきっけづくりのような感じです。
「OpenStreetMap Using and Enhancing the Free Map of the World」
Frederik Ramm ・ Jochen Topf ・ Steve Chilton

0 件のコメント: