現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年1月20日火曜日

[OSM-talk] Potlatch version 8 million?・・・素晴らしい!

Peter MillerさんがOSM-talkで良いビデオを紹介してくれました。
こんなPotlatch!?未来形、最高!・・・と同時にマッピング、データ取得のフィールドワーク装備も進化が望まれます。GPSはもちろんレベル計測や汎用3Dスキャナーがより身近なものになって欲しいです。

[OSM-talk] Potlatch version 8 million?
So should the Crysys engine be the benchmark for our new editor. Ok,
so probably not, but I guess we are going to see people pouring OSM
data into these gaming engines soon and then manipulating it. I love
the ways they canmodify the environment in real time by pull roads
around and filling in the ground.・・・・・

Peter Miller

GDC 2007: Crysis CryEngine2 Level Editor Demo Pt.2

0 件のコメント: