現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年1月11日日曜日

(SOTM2008) The State of OpenStreetMap Japan


昨年、アイルランドで開催されたOSM国際会議、State of the Map 2008でのライトニングトーク「The State of OpenStreetMap Japan」(OSM Japan主宰 三浦さん講演)YouTubeがいつの間にか3,000view超えていました。
巷では20万、100万・・・viewで話題になりますが、私的にはOK、ありがたいごとです。絵も音も悪いですが、同じ時期にアップしたMap Makerより多いとは思いませんでした。
ビデオのシーンでも出てきますが、東京マッピングのビフォーアフターの絵が出ると、即座に会場から大きな拍手が沸き起こりました。(他の国の成果:貢献についても同様でした。)いいですね。

0 件のコメント: