現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2009年5月19日火曜日

OpenStreetPhoto

Satellite for OSMでUAV 撮影の話あったのでOpenStreetPhotoを紹介。
quadcopter等を使って写真撮影するようです。

http://digitalepioniers.nl/projecten/OpenStreetPhoto/150
http://wiki.openstreetmap.org/wiki/OpenStreetPhoto
http://blog.opengeo.nl/

quadcopter個人的にはもっと高度が欲しいと感じます。quadcopterでの撮影とは限りませんがMap Warperを見ていると時々、高度が低い斜め写真がupされてきます。これで補正、入力するかという写真もあります。
局所的なマッピングにはOKですが、手間暇かけるわりに撮影範囲が狭いので対象エリアが広い場合は厳しいかなと思います。(日本では街中での使用は非現実的・・・・。)

0 件のコメント: