現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2014年6月13日金曜日

SotM-EU 2014 Karlsruhe その4

6月13日いよいよSotM-EU 2014開幕、少し早目に行っておしゃべりしようと思ったらすでに受付には参加者の列。受付を済ませプログラムや特製Tシャツの"SotMセット"をいただいて、会場内を散策。発表はA、Bの2会場で同時進行となり、会場内、スポンサー関連の展示物は思ったより少ない印象でした。
 
プログラムはバーミンガムSotM2013と同じようにリング綴じで小さな手帳サイズ10×15cm、使いやすく、携帯するのにも便利でした。リング綴じ製本は見やすいし、内容修正(差し替え)がぎりぎりまでOKな点もメリットあると思います。
日本から持ってきたOSM絵柄の鶴(100羽)も綺麗に飾っていただいけました。感謝!折り紙知っている方が多く、すぐ折れる方もいたりして驚きました。速攻、折鶴見てルフトハンザだねと突っ込まれました。:)

0 件のコメント: