現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2014年6月14日土曜日

SotM-EU 2014 Karlsruhe その9

Poster Competition
SotM-EU 2014にてOSMポスターコンペティションが行われました。カンファレンス開催前にコンペへの参加募集が告知されていました。募集内容はこんな内容でした。
・ カンファレンスに現地参加していないユーザーもポスターデータのメール送付で応募可。

・ ポスター内容としてはお薦めだったり、新しかったり、教育的なOSM地図、
  レンダリング表現、マッピングイベントの写真、マッピング前後の比較など。
・ ポスター印刷サイズは縦90×横65cm
・ データ形式 PDF、PNG
・ 応募、データをメールで送付するあて先はinfo@sotm-eu.org
・ 賞品はガーミンGPS
・ 締め切りは6月11日夜
・ 今回応募されたポスターはOSMコミュニティーで再利用していく。

そこでOpenStreetMap Fukushimaとして会津若松市周辺のOSMと活動内容をまとめたポスターを作成してデータを開催前に送って応募しました。ポスターコンペティションには21作品がエントリーされ、賞は投票制で、SotM-EU参加者1人が4票(4シール)持っていて良いと思うポスターの下にシールを貼っていき、最終日に集計する方法でした。1位115票、2位106票、3位85票で、3位までの作品にガーミンGPSいただけました。参加できればと思いで応募してまさか入賞できるとは思っていませんでしたが、地元作品、力作が並ぶ中、入賞できたのは多くの方にコミュニティー感について共感を持っていただけた為だと思っています。メンバーの皆様、おめでとうございました! 
https://sotm-eu.org/en/pages/posters
2日目には恒例の参加者全員で集合写真を撮って、夕方のClosing、ポスターコンペの表彰はどきどきしましたが、オーガナイザー、スポンサー、発表者、参加者の皆様に感謝して閉会。ありがとうございました。 Danke schöen.
閉会後は川沿いのビアガーデンに席を移してお疲れ様会。カールスルーエ最後の夜、名残り惜しかったですが美味しいビールとシュニッツェルをいただいで、皆さんに挨拶してホテルへ帰りました。 Gute Nacht.
 

0 件のコメント: