現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2014年6月13日金曜日

SotM-EU 2014 Karlsruhe その5

全発表のスライド、ビデオともにこちらのOSM wikiページにプログラム順に公開されています。内容の詳細はこちらで確認できます。
 
  "I've Bought a Car for Mapping, Now What?"
 Ilya Zverev

楽しみにしていた発表の一つ、CAR Mapping、テキストのジオコーディングによる試みとその効率化についての発表、カスタマイズ内容はともあれ単独マッパーにとって特製ステアリングは夢。屋外でのデータ(ソース)収集の効率化は望まれるところですが、それら収集したデータやソースをいかに効率的にOSMデータ化できるかも大切だと思います。現状、マッピングで大量のデータを収集すると、編集>OSM化でそれ相当、かなりの時間が取られることはよくあります。データ収集の効率化とそれをもとにしたOSM編集の効率化は両輪だと思います。後でスライドを見直したらPジェロではなく驚き、私も同じ車乗ってました。珍し。
'go outside and map':)

0 件のコメント: