現在、無償有償にかかわらず様々な地図や地図サービスがあります。これらの地図にはいずれにも著作権が設定され、その多くで無断複製、改編が禁止されています。地図そのものをユーザの手で直接修正することはほとんどの場合できません。OpenStreetMapは世界中のユーザー自らが地図を書き、発展させる自由なライセンスの地図です。ユーザーが望む新しい道や建物、公園、お店などの地図情報を誰もが自由に追加・編集できます。さらにはその公開された自由な地図データをもとに新しい地図の使い方を創り出せるプロジェクトです。>>>「OpenStreetMapの基本」

2014年6月13日金曜日

SotM-EU 2014 Karlsruhe その7

 "State of the Tools of OSM France"
Christian Quest
フランスのOSMツール群、その改善や新規公開は目立っています。使いやすさだったり、ユーザーライクな工夫が感じとれます。(発表スライド・ビデオはこちら)

"Osmose"
Frédéric Rodrigo
ここしばらく気になって聞きたかった発表"Osmose おすもうず"、発表後いくつか質問して回答いただきすっきりしました。(発表スライド・ビデオはこちら)

  "SOTM Romania 2013+"
Badita Florin
"Woodland Cartography"
Jerry Clough
 "Splashmaps"
 Ed Freyfogle
"Splashmaps"布製地図をオーダーメイドできます。http://www.splash-maps.com/
実物初めて見ました。地図凡例 がタグに付いているのはよいですね。

夕食はSocial Event、会場脇の芝生にテーブルが用意され、ケータリングで美味しいお肉、Beerと会話を楽しみました。

0 件のコメント: